万能薬「プラセンタ」

「プラセンタ」をご存知でしょうか?

エイジングケアの一環として25際から始めた「プラセンタ注射」。

美容と健康にとてもいいんです!!

ととのうみすとの効果と私の口コミ!最安値で購入

【プラセンタとは…】

フランス語で「胎盤」という意味をもっています。

胎盤とは、お腹の中で赤ちゃんを育てる際に栄養を供給している大切なものです。

あんなに小さな受精卵を10ヶ月で赤ちゃんに成長させる「胎盤」。

かなりの栄養素が詰まっています。その中でも「成長因子」といものが注目されております。

「成長因子」には、細胞の働きを活発にさせ、細胞分裂を促す働きがあります。

細胞分裂を促すということは、新しい細胞ができ、再生や治癒力を高めてくれるということです。

プラセンタを接種するということは「体内の自然治癒力が高まる」ということになります。

【プラセンタの効果】

●美容

美白(シミの予防と改善)・美肌(シワ、たるみを修復)効果もあり、乾燥肌や肌荒れ、皮膚の老化にも有効

●健康

慢性的な疲労、肩こり・腰痛・ひざ痛、喘息・アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患、

生理不順、生理痛、イライラ、冷えのぼせなどの更年期障害、

月経前緊張症、自律神経失調症、関節リュウマチの症状の軽減、肝障害の改善など。

プラセンタ注射を接種し始めたから1年が経ちますが、肌がとても綺麗になりました。

すぐに効果が現れるものではありませんが、体感としてとても効果を実感しています。

何年か後の自分のためにはじめてみませんか?

あの頃の私に教えたい

学生の頃ニュージーランドへ留学していました。
慣れない暮らしの中、ストレスも増え生理不順で肌も荒れたり…
それでも友達も増えて楽しく過ごしていました。

レナセルクリアセラムの効果

仲のいい友人に白人の子が数人いたんですが、その友達がみんな言うんです。
「あなたの肌は健康的なブラウンでいいわね!セクシーでとっても羨ましい!」

最初はえ~?!と否定的な感じで答えてたんですが、どうやら本気で羨ましがってくれていたんです。
白人の友達からすると青白い色は恥ずかしいらしく、夏になると特に身体を焼こうとその友人たちと公園で日光浴に励みました。

留学当初は外出時は必ず日焼け止めクリームを付けていました。
ですが、段々毎日つけることが億劫になって、そしてそこへ友達からの日焼けに対する羨望。
お分かりですよね。
私は焼けている方が素敵なんだと信じ、日焼け対策をどんどんしなくなっていってしまいました…

環境問題にも取り上げられている、オゾン層が破壊されているオゾンホールがある南半球です。
ニュージーランドの紫外線の強さは日本の7~8倍と言われているんです!

真夏のニュージーランドから真冬の日本に帰国したときに、降り立った空港の看板から衝撃でした。
何処を見ても『美白』『美白』『美白』
真冬にこんがり焼けた私を見た家族からは評判も良くなく、私は日本の『美白ブーム』に打ちのめされました。

年月を経てあの頃の日焼け対策を怠った私の肌には、どんどんシミがアチコチに出来てしまっています。
腕にも大きなシミがいくつかありますが、やはり気になるのは顔!

元の白さを取り戻してしまうとシミがとても気になります。
コーンシーラで消す毎日がとても面倒です。。。
今はあの頃の私に強く言いたい!

日本に住むなら『日焼け ダメ 絶対!!』
私は今、本当に後悔してるよー!!!

細かく点在するシミ…どうしてますか?

はなのいろはうつりにけりないたずらに…小野小町だとはいわないが、
若いときよりもきれいな自分であることは、大体の人にとって、多分ないわけで…。

私は、学生時代はぽっちゃりしていたけれども、色白が自慢だった。40過ぎて自分の肌を振り返ると、いっそ日サロで真っ黒に日焼けした方が
見えないのだろうかと思うほどに、細かいシミがいっぱいだ。

アスハダの最安値通販は?

思えば、若いときの喫煙が良くなかった。
20歳のころ、口と鼻の間に細かいシミができて、非常に気になっていたが、友人にたばこジミだと言われた。せめてこのシミだけでもどうにかならないものかと
思い悩んでいた。

このほかには特に気になる肌トラブルがなかったので、シミは化粧で隠していた。

30才の頃にはタバコをやめていたのだが、35歳を過ぎるころ、頬の部分にも大きなシミができ始め、ひどくシミが気になるようになった。
「シミしわニキビ、乾燥がすべての大敵です。」有名デパートの化粧品コーナーで、販売員からそう聞いたのを思い出し、安価なフェイスパックを一日2回するようにした。
夜パックをしようとすると、パックが乾くまで寝ることができないので、朝2回するようにした。

それに加えて、豆乳ローションを使うようになり、効果があったのか、今ではあの頑固だった口の上の細かいシミもほとんど見えないくらいにうすい。
ただ夏になると戻ってしまうので、他のシミと合わせて、よいスキンケアを探しているが、肌の若返りはまだまだ遠い夢なのだろうか。

肌の赤みがとてないのはどうして?

私のお肌は普通肌で弱くもなかったのですが、お肌が赤くなり様子を見てみたのですが、いっこうにも良くならず困っていました。

ラントゥルースは効果あり?私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

皮膚科に行きまして薬をもらって様子をみていたのですが、なかなか治らず化粧の原因かもと思い化粧も全くしないわけにはいかないので、少し控えめにしていました。

皮膚の塗薬が効かなかった為一か所の皮膚科に決めないで、他の皮膚科にも行き診察して薬をもらって様子をみていたのですが、そこの皮膚科では、塗薬と飲み薬がありました。

塗薬と飲み薬で様子をみたのですが、少しは良くなったのですが、まだ完全にはよくならないです。

同じ皮膚科に通っている患者さんにも状態とその他にも色々と聞いたのですが、「皮膚は敏感なので簡単には良くならないよ。私も長年かかって少しずつ良くなっているのですが、様子を見ながら化粧はそんなにしていないよ」と言っていましたので、皮膚は敏感なので化粧も出来る限りしないようにと自分で出来る事は自分で治し塗薬と飲み薬で少しずつ治していきたいと思います。

冬はいいのですが、夏は暑いのでお家の中にいても少し体を動かすと顔がファンファンして赤くなりますので、夏は大変です。

氷をハンカチに包んで冷やしたりして工夫しています。

コロナ禍あるある。マスク荒れからの脱却

もともと顔全体の肌トラブルはあまり経験がなくこれと言って悩みなどもなかったのですが、

2020年入りコロナ禍においては、世の中も、マスク必須の外出となり息苦しくなりましたよね。http://www.henri-courseaux.com/

それに伴うように何も悩みがなかった肌にもだんだんとマスクをしているときに群れや皮膚と接している部分の

擦れ・着脱時の乾燥が気になるようになりました。また、毛穴の開きも目立つようになり急に悩みだらけです。

調べてみるとマスクをしているときの肌状況は高温多湿でスチームサウナに入っているような状態とのこと。

そういった状態なら毛穴が開きっぱなしになるのもうなずけますよね・・。

さぞ、肌にも負担がかかっているはずです。

そこで対策として、出てきた内容を試してみることにしました。

まずはステップ1.洗顔です。

先ほど毛穴が開きやすいスチームサウナのような状態と紹介をしましたが、その毛穴が開いている状態のときに

ほこりや皮脂が詰まってしまい俗にいうイチゴ鼻のように黒いぽつぽつが目立ってしまうとのこと。

マスクしてるしそんなに見られないだろうと思っているかもしれないですが、

昼食時やふとした瞬間に気が抜けないのも嫌だったのでまずは毛穴汚れをしっかり落とすクレンジング・洗顔が大事

だと気づきました。

ステップ2は毛穴汚れを引き締める化粧水などの保湿です。

肌悩みは何でも保湿不足からくることが多いんだとか‥特に、これからの季節はこまめな化粧水等が必須ですね。

この2ステップを意識して行っていますが以前より毛穴等も目立たなくなったと自負してます。

ニキビとの長きに渡るバトル

私には、昔から深い悩みがあります。それは、とにかくニキビができることです。http://www.rebeccawestcottwriter.com/

もともと乾燥肌で肌荒れしやすいこともあってか、学生時代も、何かとニキビには悩まされてきました。寝不足でできたり、ちょっと甘いものを食べたらできたり、夏には運動して汗をかいたらそれが原因でできたり、生理前にはホルモンバランスが崩れたせいで………。複数の原因が混ざっていることも少なくなく、最早特定も難しい状況でした。

とは言え、10代は皮脂の分泌が多い年代。ティーンファッション誌にも、ニキビ対策についての記事やニキビに効果のある洗顔料の広告がいろいろありました。悩みは皆同じ、ということですね。

だから学生ではなくなり、私は思ったのです。「乾燥にはずっと気を付けなきゃいけないけど、今後はあんなニキビだらけの苦しみとはもうお別れだ!」と。

そう、私は知りませんでした。乾燥でもニキビができることを。いわゆる「大人ニキビ」というものの存在を。

乾燥による粉吹きとニキビが同居している自分の顔を初めて見たときの絶望は、それはもう、言葉で言い表せるレベルではありませんでした。知らなかった自分が悪いとは言え、大人になってもニキビに悩まされなくてはならないなんて…。

必死で自分に合うスキンケア用品を探し、丁寧にスキンケアを行っているおかげか、私の肌の状態は、現在はかなり良くなりました。生理前でも、ニキビだらけにはなりません。乾燥による粉吹きも、以前は頻繁にしていましたが、今は冬でも滅多になくなりました。

しかし、0にはなっていません。特にニキビに関しては、限りなく減ったとは言え、1つ2つは必ずできます。

いつか私にも、ニキビとは無縁の生活を送れる日が来るのでしょうか。このまま年を取り、ニキビとシミ・シワの悩みが同居してしまうのは、さすがにご遠慮したいです。

まだまだ悩みは尽きませんが、とりあえず今後も、スキンケアをがんばりたいと思います。

汗は天然の美容液です。たっぷりと汗をかいて瑞々しいお肌に生まれ変わりましょう。

私達人間の身体には汗腺があり、発汗によって体温調節を行い生命維持の役割を果たしています。

また、発汗は美容にも効果的です。

モイスポイントの口コミと効果を暴露!最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

良い汗は「天然の美容液」と言われていて、その汗の成分のひとつに「ダームシジン」があります。海外の大学ではこの成分の研究が行われていて、肌の黄色ブドウ球菌に効果的という研究結果が発表されています。

それと、多量に発汗することで、肌の表面が入浴時の様にふやけて角質が剥がれ易くなり、常にハリのある肌に生まれ変わるのです。

また、発汗には、体内の毒素、老廃物、脂肪分を体外に排出する役割があるので、身体にとって不要な物は、汗と一緒に体外へ出しましょう。

それに、美容の為に汗腺を鍛えて良い汗をかくには、運動、入浴、外出が大切です。

いつでも手軽にできる運動としてはウォーキングですが、しっかり発汗する為に30分以上は行いましょう。

入浴する時はシャワーだけではなく、湯船に浸かる事で発汗し体温が上がり、寝つきも良くなります。

それに、夏は、出社から終業までエアコンの効いたオフィスにいると汗が出ないので、ランチタイムや休憩時間に外へ出て汗をかくようにします。

なお、運動、入浴、外出後は、脱水症状にならない様に水分補給と、汗をかいたらハンカチ等でこまめに拭取り、化粧水で保湿して下さい。

良い汗をかいて、美容のみならず心もすっきり健康になって欲しいと思います。

そのニキビ・吹き出物 2週間で改善しよう!

筆者(30代サラリーマン男)は小学校6年生からニキビが出始め、中学校に上がる頃には顔中にニキビが出るようになっていたものだ。http://www.cocomoresort.com/

治っては出てきて、つぶしたり。また治ったり。これを中学3年間で繰り返していたものだから、もうずっとこの状態が続くのではないかと思っていたし、悩んで苦しんでいた。

そんな私がまさか『肌キレイだよね~』なんて言われるなんて思わなかった。

ニキビが顔中に出る様になり、さすがに気になった当時の洗顔方法は、体を洗う時に顔も一緒にボディーソープで洗うというもの。ボディーソープを顔にあて、ゴシゴシキュッキュと洗っていた。

そう!これが間違っていたんだ。

ではどうやって急速にニキビを減らしていったのか?

それは高校に入学する頃に分かった。

中学を卒業し高校生活が始まるまでの期間によく友達が泊まりに来た。この頃にはボディーソープではなく洗顔フォームを使用していたが、洗い方は今まで通り。

スクラブタイプやニキビに効果的!と表示された商品など試していたが特に効果は得られなかった。

私が洗っていると『何その洗い方?!』と友達が笑っている。

こちらはすごく悩んでいたから、しっかりと洗っていたのに。

『たぶんその洗い方が治らない原因だよ』そう言われてムスッとしていると『ちょっと見てて!』と友達が洗顔方法を教えてくれた。

洗顔フォームを適量手に取り、よくスーパーでみかんの入れ物として使われているような網を使って泡を立て始めた。

時折、水を足して混ぜていくと泡の塊が出来た。感動したが、さてそれをどうするんだと見ていると、なんと【ただ顔を撫でているだけ】である。

なんだそれは!もっとしっかり洗えよと思ったがこれが友達の洗顔方法だった。

翌日からさっそく実践した。あのみかんの網のような泡立て器は無いが、洗顔を適量手に取り出し、水を足しては混ぜるを繰り返し、なんとか泡の塊ができた。

何年もしっかり洗ってきたし、今あるニキビを気にしてたから、ただ顔全体を撫でるだけでは洗った感じがしなかった。しかし、2週間すると『顔綺麗になった?』と言われ始める。

そういえばニキビも減ったし肌も健康になった感じがした。それから1ヶ月・半年と経つうちにどんどんと綺麗になった。もうこの頃には他の生徒よりも肌が綺麗だし、むしろ『どうゆう手入れしてるの?』なんて聞かれるほど。

30代の現在も、シミは出てきたが相変わらず肌は綺麗だ!と思う。

ニキビに効く!たった3秒でできるニキビ対策

思春期のお子様をお持ちの方や、現在ニキビに悩んでいる方。

今このご時世には様々なニキビ対策がネット上にありますが、どれが正しいのかわからない方が大勢いらっしゃると思います。

今回は、私が毎回実践しているニキビができたときの対処法を伝授したいと思います。

http://www.artsatkit.com/

まず、一番にしてはいけないことは「ニキビをつぶす」ことです。

ニキビを潰して治ることは実際ありますが跡が残ってしまったりと、治った代わりの代償が大きすぎます。

何を試してもニキビが消えないからといって潰すことは絶対にしないでください。

さて、本題に移りますが、私が実際にニキビができた時実践する「ニキビへの対処法」です。

結論から申しますと、ティートリーのエッセンシャルオイルをニキビにつけます。

ティートリーは殺菌作用があるため、ニキビができてしまった場合に効果があります。

エッセンシャルオイルは認定された安全なものをご使用ください。

ティートリーを綿棒に数滴(1.2滴で十分です)たらし、その綿棒でニキビを触る程度で十分です。

これをニキビが消えるまで、赤いプツプツがなくなるまで1日一回塗ります(お風呂上がりが望ましいです)。

これはアロマテラピーを仕事にしている方から教わった方法です。

効果があっておすすめの方法なのですが、エッセンシャルオイルを直接肌に塗るのは少し肌に負担がかかる行為なので、お肌が弱い方はご遠慮ください。

また、必ず認定されたエッセンシャルオイルのブランドをご使用ください。

年と取れば取るほどトラブルは増えます

肌のトラブルは10代のころからありましたが、年齢を重ねてくるようになって、肌の悩みは尽きなくなってきたと思っています。

10代のころはやはりニキビ。脂性肌だし、脂っこいもの大好きだし、一つ治っては一つ出来るを繰り返していました。

20代前半までニキビに悩んでいましたが、20代後半になってなくなってきました。私の肌が一番調子よかったのは20代後半でした。

29歳のころ、初めてのシミが出来てしまいました。さすがにへこみました。

30代になると、あんなに脂性だった肌が混合肌に変わり、冬は乾燥が激しくなっていきました。

39歳には2個目の大きなシミができました。40代になると、ファンデーションがなんか合わなくなるようになりました。肌が黒くなってきたような気がして、肌がゴワゴワしているのかファンデがのりにくくなりました。今この状態が続いている状態です。

今や、どの化粧品が肌に合っているのかよく分からない状態になっています。スキンケアに関しても、メイクグッズに関しても模索中です。年齢的に若い頃使っていた化粧品ではもう駄目なんでしょうね。今から思えば、人生で一番トラブルのなかった20代後半が、一番自分の肌にお金と時間をかけていたなあと改めて感じています。

乾燥、敏感肌に困っています

私は中学生の頃から乾燥と敏感肌に悩まされています。

空気が乾燥しているときはもちろん、お風呂に入った後なども肌が乾燥してしまい、すぐに肌の表面が白くなったり皮がぽろぽろしてきたりします。

そして一番厄介なのが、乾燥した肌をうるおすための市販のボディクリームなどが、敏感肌のせいで使えないということです。

少しでも刺激の強いものを使うと、肌が赤くなったり蕁麻疹が出たりします。はじめはいろいろ買ってみて合うものを探していましたが、最近は皮膚科にお世話になっています。

肌が乾燥しないように加湿器を使い、顔には化粧水を欠かさず塗っています。自分が普通肌だったらなぁと思うことがよくあります。こればっかりはしょうがないのですが・・・。

加湿器と化粧水のおかげで悩みは軽くなりましたが、少しでもさぼるとすぐ異常が出てしまうので厄介者です。周りの友達や家族で同じ悩みを持っている人がいないので、話しても理解してもらえないのが少し悲しいところです。

皮膚科の先生は親身になって聞いてくれますが・・・(笑)これから先自分のお肌とうまく付き合っていくために、同じ悩みを持っている人と情報共有をして、少しでも楽になれたらいいなと思っています。

敏感肌…どうしたらいいのやら

小さい頃からすごく敏感肌です。

顔はもちろん体もかなり敏感肌です。

私の1番の悩みは水。

4年ほど前に田舎から都心部に引っ越してきたのですが、お風呂に入って顔を洗った時に水があわず、顔が真っ赤になり蕁麻疹が出てしまいました。

お風呂に入って顔を洗うたびに顔が真っ赤になり蕁麻疹が出る。

すごく困りました。

それが1ヶ月ほど続き、だいぶ肌が水に慣れたのか徐々におさまっていきました。

ですが、実家に帰ってお風呂に入ると顔が真っ赤になり蕁麻疹が出る。

どうやら普段使っていない水で顔を洗うとそうなるようです。

2つ目の悩みは化粧水。

たくさんの化粧水を使いました。

安いものから高いものまで。

たくさん使っていく中で気づいたのが、高い化粧水ほど顔があれてしまう…。

私は根っからの貧乏肌なのかもしれません。

デパートの化粧品売場に売っている高い化粧水を使ってみましたが、肌にあわず蕁麻疹が出て、1度しか使用していないものをなくなく親に譲りました。

なかなか自分にあう化粧水がないから、化粧水を使用せず寝る→肌が乾燥するの負の連鎖がずっと続いています。

最近自分にあう化粧水にであいほぼ毎日使用するようにしています。

敏感肌でも使用できると有名だそうです。

毎日使用するようになってからは肌トラブルが減ったように思います。

私が思うに、高い物=良いものではない。

美白に関するブログです

こんにちは、40代女性です。私は現在40代の真ん中あたりですが、年齢を言うとみんなにびっくりされます。現在は仕事をしておらず、専業主婦なのでほぼ化粧はしていませんが、時々お化粧をすると自分でも肌が白くて綺麗だな、って思ってしまいます。

特にこれと言って高い化粧品を使っている訳ではありません。ネット注文の基礎化粧品と、ビタミン?を必ず飲んでいます。

それと時々コラーゲンを飲んでいます。コラーゲンとビタミン?をセットで飲むとよいので必ず一緒に飲んでいます。

その他は洗顔に関してもネットで購入しています。かれこれ10年ほどになると思いますが、一度使用したら他の石鹸は使えません。

それと、日焼け防止に帽子や服でカバーしています。(一日15分は日光にあたることがよいとされていますが・・・、ある情報によると、手の平を太陽にかざすといいようです)

それと時々パックを行います。パックをした次の日はさすがに肌が綺麗ですが、継続できません。

美白に関しては上記の事を長年継続してやっています。

やはりなかでも一番は質の良いビタミン?だと思っています。そのサプリメントを飲まない日は、明らかに皮膚がどす黒く、化粧もうまくいきません。

ビタミン?とコラーゲンのセットをおすすめします。