癖が美を左右する?毎日の美容で美を取り戻す方法

ほおずえをついてみたり、手の癖が美を妨げているということがよくあります。たとえば、頬にほおずえをついてみたりすれば、たるみの原因、吹き出物の原因になることも。

シミーホワイトリンクルエッセンス

なぜ、手の癖が美を妨げているのか

頬ずえをつく状況で考えてみましょう。まずは、衛生面から言えることは手には見えない雑菌がいるということ。顔の皮膚に汚れた手で触れると、ニキビの原因にもなりかねません。清潔に手洗いを済ませてから、顔の皮膚に触れるようにした方がいいのです!

もう一点、頬のたるみの原因にもなりかねません。無意識に顔の表情筋を下へ下げているということもありますから、たるみが誘発することも!

手の癖を意識して清潔な肌を目指そう

手の衛生状況がよくない時はお肌には触れないということが大切です。表情筋を下げるような強い圧を与えないことも心得ておくと、無駄にお肌の環境を汚すことは避けることができます。

手のくせは自分では気がつかないことも多く、例えば家族や会社の上司、マナー講習などで指摘されることもあるでしょう。できるだけ、身内から指摘されているうちは恥になりませんから大丈夫、気がついた時がチャンスです。見直してみて美容に悪い時は直す努力を行いましょう。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。